コーヒーノキ

(珈琲の木)



撮影:2019.06.06  AGFの温室にて



 アラビアコーヒーノキ  No 1787
 アカネ科
 コーヒーノキ属
 エチオピア他原産
 ・常緑低木、艶のある緑の葉が美しい
 ・白い芳香のある花は葉の付け根にまとまってつき、一度花がついた部分には再度花は咲かない。
 ・赤い果実はチェリービーンズと呼ばれ、果肉には甘味がある。
 ・果実の中に2つのタネがあり、コーヒー豆として利用される。
 ・コーヒーの原材料となるコーヒーの木はアラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種の三大原種が多い。 観葉植物として売られているコーヒーの木もこれらから派生した品種の幼株であることが多い。

撮影:2019.06.06  AGFの温室にて