コンボルブルス



撮影:2012.06  ご近所



 セイヨウヒルガオ

 サンシキヒルガオ(三色昼顔)
 No 0639
 ヒルガオ科
 コンボルス属
 ポルトガル、北アフリカ原産
 ・温帯から亜熱帯にかけて200~250種が分布するつる性植物で、 花後に枯れてしまう一年草と冬を越して毎年花を咲かせる多年草の2タイプがあります。 主に初夏~秋に花を咲かせます。花の形は小ぶりのアサガオといった感じです。
 ・一年草タイプで代表的なものは「コンボルブルス・トリカラー」で日本には園芸用の草花として明治時代に入ってきました。 花の基本色は濃い青色で中心部分が黄色、その中間部分に白色が入りその姿からサンシキヒルガオという和名があります。
 ・花色はブルーに近い明るい紫色で、這うように横に広がって行きます。

撮影:2012.06  ご近所