木燃花写真鑑・クチナシ

ク チ ナ シ

(梔子)



撮影:2012.05  我が庭



 ガーデニア  No 0411
 アカネ科
 クチナシ属
 日本他原産
 ・常緑低木。 野生では森林の低木として出現するが、園芸用として栽培されることも多い。
樹高1-3mほどの低木。葉は対生で、時に三輪生となり、長楕円形、時にやや倒卵形を帯び、 長さ5-12cm、表面に強いつやがある。
 ・筒状の托葉をもつ。花期は6-7月で、葉腋から短い柄を出し、一個ずつ花を咲かせる。 花弁は基部が筒状で先は大きく6弁に分かれ、開花当初は白色だが、徐々に黄色に変わっていく。 花には強い芳香がある。
 ・10-11月ごろに赤黄色の果実をつける。果実の先端に萼片のなごりが6本、針状についていることが特徴である。 また側面にははっきりした稜が突き出る。

撮影:2012.07.18  草津市立水生植物公園「水の森」


撮影:2012.02.01  我が庭


撮影:2008.06  我が庭


詳 細 写 真

花(表)

花(裏、額等)

葉の並び(新芽)

撮影:2018.06.10  我が家