マ メ ガ キ

(豆柿)



撮影:2011.11.07 京都・天竜寺


 No 0527
 カキノキ科
 カキノキ属
 東北アジア原産
 ・葉は互生し、裏面が白味掛かる。6月頃に黄味掛かった白色の花を着ける。 秋には小さな液果が生り、熟すと黄から黒紫に色付く。 液果は霜が降りる頃に渋が抜ける為一部食用にも供せられるが、主に未熟果が柿渋の採取に用いられる。