マルバアサガオ

(丸葉朝顔)



撮影:2010  我が家の庭


 No 0157
 ヒルガオ科
 サツマイモ属
 熱帯アメリカ原産
 ・1629年にはフランスに移入されている. 花径は5~6センチで,葉は丸葉型である。多花性で,秋の低温時にも開花結実する性質があるので, ヨーロッパ,アメリカで古くから栽培されており,多くの園芸品種が育成されている。 日本への渡来は寛永7年(1630)ごろに福岡地方で「八房」と称したものとされている。 条斑点絞り系統は明治中頃に輸入されたようだ

撮影:2010  我が家の庭