マ ユ ミ

(檀、真弓)



撮影:2017.10.28  山野草展



 ヤマニシキギ
 カワラマユミ
 No 1582
 ニシキギ科
 ニシキギ属
 日本他原産
 ・落葉小高木 北海道?九州の丘陵から山地の林縁に生える。ふつう高さ3?5mになる。大きいものは10mほどになるものもある。樹皮は灰褐色。老木になると縦に筋が入って少し裂ける。枝は稜がある。緑色で冬には日の当たる側が紅紫色を帯びる。葉は対生。葉身は長さ5?15cm、幅2?8cmの長楕円形。ふちには細かい鋸歯がある。両面とも無毛。葉柄は長さ5?20mm。本年枝の葉より下の芽鱗痕のわきから集散花序をだし、緑白色の小さな花を1?7個つける。花は直径約1cm、花弁は4個。雄しべは4個。果実はさく果。直径1cmほどの倒三角形で4個の稜があり、10?11月に淡紅色に熟す。熟すと4裂し、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔をだす。花期は5?6月。

撮影:2017.10.28  山野草展