メリケンカヤツリ



撮影:2017.09.06  近隣の野原


 No 1565  カヤツリグサ科
 カヤツリグサ属
 熱帯アメリカ原産
 ・水辺や湿地の希少種を駆逐する恐れがあり、要注意外来生物に指定されている。 叢生して大株となる。茎は太く、高さ30~100cm、横断面は鈍3稜形。 基部の鞘は赤褐色。葉は幅5~10mm、長いものは茎と同長になる。
 ・苞葉は葉状で5~6枚つき、うち2~3枚は花序より著しく長く、最下のものは長さ50cm以上になる。 花序は単一。花序枝は5~10個、長いものは10cmを超え、枝先には5~20個の小穂が球状にあつまる。 小穂は長楕円形、長さ5~15mm、黄褐色、10~30個の花が付く。

撮影:2017.09.06  近隣の野原