ミヤマゼンゴ

(深山前胡)



撮影:


 No 0102
 セ リ 科
 エゾノシシウド属
 日本原産
 ・多年草。茎は高さ40~60センチメートル。 葉は2~5回3出羽状の複葉。葉柄の基部は鞘状に膨らみ、赤みを帯びる。 7~8月、散形花序をつくり、白色花を開く。
 ・名は、ノダケ(中国名前胡(ゼンコ))と同じセリ科で、高山に生えることによる。 日本の特産種で、高山帯の草原や砂礫地に生え、中部地方に分布する。

撮影:2010.08.05  乗鞍岳畳平