ミ ゾ ソ バ

(溝蕎麦)



撮影:



 牛の額  No 0181
 タ デ 科
 タ デ 属
 日本原産
 ・一年生草本植物である。 日本では各地の小川沿いや沼沢地、湖岸などに分布する。 特に稲作地帯などでコンクリート護岸化されていない用水路脇など、 水が豊かで栄養価が高めの場所に群生していることが多い。
今でこそ護岸をコンクリートで固められてしまった場合が多いが、 かつて日本各地で水田が見られた頃は、 土盛りされていた溝や用水路、小川などの縁に普通に生えており、 その見た目が蕎麦に似ていることが和名の由来になっている。

撮影:2010.09  道端