ネコノヒゲ

(猫の髭)



撮影:2013.03.21  なばなの里



 クミスクチン

 キャッツウイスカー
 No 0723
 シ ソ 科
 オルトシフォン属
 インド~マレー半島原産
 ・本来毎年花を咲かせる多年草なのですが、耐寒性がなく冬に枯れてしまうことが多く、 日本では一年草として扱われることもあります。
 ・春~秋にかけて、白い花を咲かせます。 花びら自体はさほど目立ちませんが長く伸びた雄しべと雌しべがやや上向きにピンと反り、 そのユニークで特長的な姿がネコのひげを連想させる所からこの名前が付きました。
 ・花壇や鉢植えで観賞用として育てられることが多いですが、 日本には当初、薬用植物として導入されました。 葉に利尿作用や血圧を下げる効果のある成分を含み、 「クミスクチン茶」の名前で健康茶の一種として出回っています。

撮影:2013.03.21  なばなの里