ニトベギク

(腫柄菊)



撮影:2016.11.20  名古屋農業センター



 ディウエルシクオリア
 コウテイヒマワリ
 No 1381
 キ ク 科
 ニトベギク属
 中米メキシコ原産
 ・多年草。頑丈な植物で茎は木質化し、低木のようになることもあり。 大きな葉を持ち、花も一回り以上大きくなる。
 ・ニトベギクの名は、旧五千円札でかつてはなじみ深かった 新渡戸稲造氏が初めて日本に持ち込んだことに因むとされる。
 ・中国の広西から雲南省で栽培され、葉を清熱解毒に用いる。 最近では、糖尿病に効果があるとの報告もあり。

撮影:2016.11.20  名古屋農業センター