ノカンゾウ

(野萱草)



撮影:2013.07.15 正眼寺


 No 0849
 ユ リ 科
 ワスレナグサ属
 日本原産
 ・漢方薬として有名な「カンゾウ」は「甘草」で、マメ科の草本で全く別種です。 長さ50~70cm、幅1.5cmほどの細長い剣状の葉を、地際から叢生させます。 夏に高さ60cm前後の花茎を立て、橙赤色の花を数個つけます。花被片は、長さ7cmほどで6枚です。 ただし、花色には変異が多く、赤色の強いものもあります。 「カンゾウ」の名は、漢名の「萱草」を日本語読みしたものです。「野」は野原に生育するという意味です。

下のは園芸品種か変種なのかは不明

撮影:2013.06  ご近所