オキザリス



撮影:2010  我が庭


 No 0112
 カタバミ科
 オキザリス属
 熱帯アメリカ、アフリカ原産
 ・球根草。 世界中に自生種があり、観賞用には熱帯アメリカ、アフリカ原産のものが十数種栽培されている。 球根は匍匐性の根茎もしくは鱗茎。 花は夜間や雨天、曇天でしぼむので、できるだけ日当りのよい所で栽培する。 寒さに弱い品種や秋咲き、冬咲き品種は温室やフレーム内で栽培するが、夏咲き品種は花壇にも植えられる。 繁殖は分球による。 オキザリスという属名は、酸を意味するギリシア語に由来し、茎葉をかむと酸っぱい汁が出ることからきている。

撮影:2010  我が庭


撮影:2009.04  我が庭


撮影:2008.11  我が庭