オサバグサ

(筬葉草)



撮影:2017.04.16  山野草展


 No 1881  オサバグサ科
 オサバグサ属
 日本固有種
 ・多年草。
 ・葉は長さ10-20cm、幅2.5-3cm。櫛の歯状に深く裂け、表面にあらい毛をもつ。
 ・花期は6-8月。花茎は直立、高さは15-25cm、花茎の上部に白色の4弁の花を下向きに多数つける。 小花柄の長さは10-15mm、花弁は長楕円形で長さは5mm。
 ・葉の形がシダ類に似、機織の筬(おさ)に似ていることからこの名がついた。

撮影:2017.04.16  山野草展(きらら会)