ポーチュラカ



撮影:2012.06  我が家の庭



 スベリヒユ(滑莧)  No 0671
 スベリヒユ科
 スベリヒユ属
 インド原産
 ・毎年花を咲かせる多年草で、夏の炎天下でもめげずに生長して開花する。 日本には1983年にドイツから入ってきたとされます。
 ・茎はよく伸びて、1株で直径60cm以上の範囲を覆います。主な開花期は初夏~秋の気温が高い時期で、 色は白・ピンク・オレンジ・黄色・紫などがあり、2色咲きになるものもあります。
 ・朝開いて夕方前にはしぼむ1日花ですが、次々と新しい花を咲かせます。一重咲きと八重咲きがありますが、 一重咲き種の方が主流です。
 ・マツバボタンと同じ属で花姿も似ていますが、 マツバボタンは葉っぱが棒状になり形が全く異なるので区別はかんたんです。

撮影:2012.06.24  ご近所


撮影:2012.06  我が家の庭