ルリトラノオ

(瑠璃虎の尾)



撮影:



 ベ ロ ニ カ  No 0363
 ゴマノハグサ科
 ルリトラノオ属
 (日本固有種)
 ・伊吹山頂のお花畑のみに自生し、多年草です。 古くから観賞用として花壇にも栽培され、花期は7月末~9月半ば、絶滅危惧II類(VU)だそうです。 花は青紫色で長さ10~20センチの花穂につきます。
 ・姿と色がよく似たクガイソウと間違われることが多いですが、クガイソウより色は微妙に華やかで濃い目です。 クガイソウは葉っぱが輪生で層を成しているけれども、ルリトラノオは葉が対生であることで区別できます。

撮影:2009.08.08 伊吹山