サ ザ ン カ

(山茶花)



撮影:2008.12  我が庭



 
 
 
 No 0323
 ツバキ科
 ツバキ属
 日本原産
 ・サザンカは四国の太平洋岸、九州の南半分から南西諸島にかけて生育する常緑の小高木。 常緑広葉樹林中に生育し、10月から12月にかけて白色の花を咲かせる。花弁数は5~6枚である。 本来の生育地は尾根筋などの日照条件の良い場所である。
 ・和名は、「茶山花」と書いて「ササンクワ」と読ませていたものが「山茶花:サザンカ」になったという
 ・ツバキは花弁の基部が合着しており、花全体が落下するのに比べ、サザンカは1枚づつに分かれて散る

撮影:2016.10.24  レッドヒル・ヒーサーの森

撮影:2008.12  我が庭


撮影:2008.12  我が庭