セイヨウマツムシソウ

(西洋松虫草)



撮影:2013.05.08  名古屋東山植物園



 スイートスカビオサ

 スカビオサアトロブルプレア
 No 0747
 マツムシソウ科
 マツムシソウ属
 南ヨーロッパ原産
 ・茎は直立性で分枝し、高さ60~80センチ。葉は羽裂する。7~8月、やや球状の頭状花をつける。 周辺部の花は花弁が大きく、中心部の花は花弁が小さい。しかし、 改良された八重咲き種は中心部の花も花弁が大きくなっている。 満開時に球形となり、長い柱頭が立って針山にピンを刺したようにみえるので、 ピンクッション・フラワーともいう。

撮影:2013.05.08  名古屋東山植物園