センボンギク

(千本菊)



撮影:2019.10.27  山野草展



 ミ ス ギ ク

 アブラギク
 No 1793
 キ  ク 科
 シ オ ン 属
 日 本 原 産
 ・渓流沿いに生えるノコンギクの基準変種
  従来タニガワコンギクと呼ばれていたようだが「日本の野菊」ではセンボンギクに統一されている。
 ・茎は細く、束生をする。  葉は線形で、互生する。 葉の表面には疎らに毛が生える。
 ・茎の上部で枝分かれをし、花径2cmくらいで淡い紫色の頭花を5、6輪つける。
 ・花の後にできる実はそう果。

撮影:2019.10.27  山野草展・泗水草友会