シキザクラ

(四季桜)



撮影:2008.11.16  小原町・四季桜公園


 No 0375  バ ラ 科
 サクラ属
 日本原産
 ・桜の園芸品種。狂い咲きでない状態で、年に二度開花する。 エドヒガンとマメザクラの交雑種と考えられている。
 ・花が4月上旬頃と10月末頃の年二回開花する。花は五枚一重で薄く淡い紅色。 春は開花と同時期に新芽も芽を出し、一方秋は自らの葉が落ちるじきに開花する。 また、春のほうが花は大きくなる。
 ・ジュウガツザクラ、コブクザクラ等も年に二回開花する。 また、フユザクラは冬季から3月まで咲いている。 シキザクラの萼筒は細く一重、フユザクラは萼筒が紅色で太めで花は一重、 ジュウガツザクラは萼筒が紅色で八重、 コブクザクラは萼筒が漏斗型で八重といった特徴がある。






撮影:2008.11.16  小原町・四季桜公園