シロバナキンギョボク

(白花金魚木)



撮影:



 キンギョボク  No 0442
 キツネノマゴ科
 ヤハズカズラ属
 西アフリカ原産
 ・金魚木の園芸品種。特徴は花の色が白いこと。樹高は1メートルから2メートル。
 ・葉は卵形で、向かい合って生える。葉の柄は短く、先は尖る。葉は明るい緑色をしており、わずかに3つに裂ける。
 ・開花時期は1月から6月だが、周年性がある。葉の脇に白い筒状花を1つずつつける。 花冠の先が5つに裂けて、横に開く。花の真ん中は濃い黄色で、筒の部分は白い。

撮影:2011.04.16  東山植物園