シロヤシオ

(白八汐)



撮影:2010.06.02  御在所岳



 ゴヨウツツジ  No 0250
 ツツジ科
 ツツジ属
 日本原産
 ・シロヤシオは太平洋側の山地に生息する落葉樹である。 ブナ帯に生育し、時に直径数十cmの大木となる。葉は倒卵形で、縁が薄く赤く色づくことがある。 枝先に5枚の葉が輪生状に付くことから、別名としてゴヨウツツジ(五葉躑躅)とも呼ばれる。 その他、シロヤシオツツジとも。
 ・花は5〜6月に咲く。花は白く大柄で、花弁が浅い三角に出るので、花全体としてはやや五角形に見える。 大木に一面に咲くのは美しいが、花は葉の影に咲く上に、白いので遠くからは目立たない。 多数の木が群生している場合には、その下に入って観賞すると楽しい。
 ・敬宮愛子内親王のお印としてシロヤシオの花が用いられている。

撮影:2010.06.02  御在所岳