ソーセージノキ

(ソーセージの木)



撮影:2013.09.19  京都府立植物園



 
 
 
 No 1397
 ノウゼンカズラ科
 ソーセージノキ属
 熱帯アフリカ西部原産
 ・長い花梗を下垂させて、外側が緑白色で内側がワインレッドの花を咲かせます。 悪臭のある花は夜に咲き、翌朝には落花します。蝙蝠媒花です。
 ・果実はソーセージに似て、長さは30~40センチもあります。 この果実や樹皮は民間薬として利用されているそうです。