ターネラウルミフォリス



撮影:011.07.18  草津市立水生植物公園「水の森」


 No 0459  ターネラ科
 ターネラ属
 メキシコ、西インド諸島原産
 ・常緑の小低木で、高さ30 - 120cm程になる。本来は熱帯から亜熱帯の植物で、耐寒性は弱く冬は室内管理が必要とされる。 しかし、日当たりがよく霜が降りないような場所であれば、屋外でも育つ。
 ・花は一日花で、直径4 - 5cm程度の黄色い5弁花の放射相称花。果実は3裂するさく果。 種子の仮種皮をアリが運ぶことにより散布されるアリ散布型種子と考えられる。繁殖は実生や苗木による

撮影:2013.05.08  名古屋・東山植物園


撮影:011.07.18  草津市立水生植物公園「水の森」