タニウツギ

(谷空木)



撮影:2015.05.06  ご近所


 No 0630  No 0630
 スイカズラ科
 タニウツギ属
 日本原産
 ・樹高は2-5mになる。樹皮は縦に裂け、新しい枝は赤みを帯び、無毛か2毛条がある。 葉は長さ3-10mmの葉柄をもって対生し、葉身は長さ4-10cm、幅2-6cmになり、徒長枝につく葉はさらに大きくなる。 形は卵形、長楕円形または倒卵形、先端は鋭先頭で尾状となり、基部は円形またはくさび形で、縁には鋸歯がある。
 ・花期は5-6月。今年枝の先端か葉腋に散房花序をつけ、多数の花をつける。5裂する萼裂片は長さ4-7mm。 花冠は淡紅色の漏斗状で、長さ2.5-3.5cm、径2cmになり、先端は放射相称に5裂する。 花冠の内側より外側が色が濃く、開花しているものより蕾のほうが濃い。 雄蕊は5本あり、花柱はそれより長い。
 ・果は長さ1.2-1.8cm、径2.5-3mmの細い筒状になり、種子は長さ1mmの楕円形になる。

撮影:2015.05.06  ご近所


撮影:2012.05  ご近所