チランジア



撮影:2013.11.30  名古屋・東谷山フルーツパーク



 エアープランツ
 メラノクラテル・トリコロール
 No 0974
 パイナップル科
 チランジア属
 熱帯アメリカ原産
 ・チランジアの多くは、原生地では樹木の幹や岩などに着生して生育しています。 根はあまり発達しておらず、葉などから水分や養分を吸収します。
 ・多くの種は乾燥に非常に強く、時折葉を濡らす雨程度の水分で生育できることが、 エアープランツと呼ばれる元となっていますが、葉の根元に常に水分を溜めていなければならないような、 乾燥に弱い種も存在します。
 ・開花時には花序が赤、花序の先端が黄色、花が紫色の3色になることから トリコロールと呼ばれています。

** エアープランツ **

撮影:2016.01.08  我が家の庭

撮影:2013.11.30  名古屋・東谷山フルーツパーク