トリカブト

(鳥兜)



撮影:2008.08.16 伊吹山


 No 0361  キンポウゲ科
 トリカブト属
 日本原産
 ・花の色は紫色の他、白、黄色、ピンク色など。多くは多年草である。 沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。
 ・塊根を乾したものは漢方薬や毒として用いられ、 附子(ぶし、毒に使うときは「ぶす」)または烏頭(うず)と呼ばれる)。 ドクゼリ、ドクウツギと並んで日本三大有毒植物の一つとされる。
 ・トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているからとも、 鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。

撮影:2008.08.16 伊吹山