ツクシカラマツ

(筑紫唐松)



撮影:2015.05.27  菰野町・正眼寺


 No 1152  キンポウゲ科
 カラマツソウ属
 日本原産
 ・ツクシカラマツは対馬列島から済州島に分布する ムラサキカラマツと、屋久島に自生する ヤクシマカラマツとの交配種と言われています。
 ・糸のような細い匍匐枝の先に子苗ができて殖え、高さ5cmほどで低く地を覆う。 それより少し高く花茎をだし紫色の花をつける。
 ・花は1cm弱で、花弁はなく、花のように見えるのは、 紫色の大きな花糸をもった雄しべで放射状に展開している。

撮影:2015.05.27  菰野町・正眼寺