ウ ド

(独活)



撮影:2010.09.02  東山植物園


 No 0057  ウコギ科
 タラノキ属
 日本原産
 ・多年草。香りが強く、山菜として好まれる。
 ・夏に小さな白い花をたくさん付け、秋に直径3mmほどの黒色の液果となる。一果中に3~5個のゴマ状の種子をもつ。 高さは約2~3mに成長し、「ウドの大木」という慣用句もあるが、木ではない。 春、初夏(ゴールデンウィーク頃)に芽吹いた小さな頃には山菜として利用できるが、 大きくなると食用にも木材にも適さないことから例えとされたと言われている。 だが、実際の所は夏ごろまで「若葉」や「つぼみ」も山菜として採取できる。