ウ  メ

(梅)



撮影:2011.03.03  名古屋農業センター



 ハルツゲグサ(春告草)

 コウブンボク(好文木)
 No 0007
 バ ラ 科
 サクラ属
 日本原産
 ・別名に好文木(こうぶんぼく)、春告草(はるつげぐさ)、木の花(このはな)、初名草(はつなぐさ)、 香散見草(かざみぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)、匂草(においぐさ)などがある。
・ 江戸時代以降、花見といえばもっぱらサクラの花を見ることとされている。 しかし奈良時代以前に「花」といえば、むしろウメを指すことの方が多かった。 ウメよりサクラがより愛好されはじめるのは、平安時代中頃からのことである。
・ 天文 (日本)14年(1545年)4月17日に当時の天皇が、京都の賀茂神社に梅を奉納したと『御湯殿上日記』にあることにちなみ、 「紀州梅の会」が新暦の6月6日を梅の日に定めている。

撮影:2011.03.03  名古屋農業センター