ウンナンオウバイ

(雲南黄梅)



撮影:2012.05.11 松阪ベルファーム(農業公園)



 オウバイモドキ  No 0585
 モクセイ科
 ソケイ属
 中国原産
 ・ウンナンオウバイは常緑低木であり、明治初期に渡来した。 茎は根元から多数分枝し、上部で垂れ下がるので斜面への植栽が適している。 若い茎は緑色で断面は四角形。低い稜があり太くなるにつれて断面は円形になる。 葉は対生で3小葉からなり、頂小葉は5cm前後。
 ・3月から4月にかけ、直径4cm前後の黄色い花を咲かせる。 花はオウバイに似ているが、常緑であることもあってオウバイほどは目立たない。 花冠は6~8つに分かれるが、花の中心から旗弁がでるものもある。 中心には1本の雌しべと2本の雄しべがあるが、種子は稔らない。