ウワミズザクラ

(上溝桜)



撮影:2010.12.07  ニュージーランド



 ハハカ
 カニワザクラ
 コンゴウザクラ
 アンニンゴ
 No 1836
 バ  ラ 科
 ウワミズザクラ属
 日本原産
 ・落葉高木。
 ・葉は互生。葉身は長さ8〜11cmの卵形〜卵状長楕円形。先端は尾状にとがる。縁には細かくて鋭い鋸歯がある。両面ともふつう無毛。
 ・新枝の先からのびた長さ8〜15cmの総状花序に白い花が多数密集してつく。花序の下部には葉が3〜5個つく。花は直径約6mm。花弁は5個。長さ約3mmの倒卵形で先はまるく、ふちに歯牙状の鋸歯が少しある。
 ・イヌザクラとウワミズザクラは、よく似ているが、判別方法は・・・
 a.イヌザクラ:@葉の形は倒卵状楕円形で最大幅は先端寄り、A葉の基部は楔形、Bきょ歯は細かい単きょ歯で葉の内側に向く、C葉の質は洋紙質、表面は光沢がある、D総状花序の花の下に葉はつかない。
 b.ウワミズザクラ:@葉の形は楕円形で最大幅は中央寄り、A葉の基部は円形、Bきょ歯は細かい単きょ歯で先端が芒状に尖ること、C葉の質は薄い草質、表面は光沢はない、D総状花序の花の下に数枚の葉が付き、落葉はその葉を付けた枝ごとに落ちる。

撮影:2014.04.24  長命寺


撮影:2010.12.07  ニュージーランド