ワ   タ

(綿)



撮影:2013.08  我が家の庭



 コ ッ ト ン  No 0865
 アオイ科
 ワ タ 属
 世界の熱帯・亜熱帯原産
 ・子房が発達して形成される朔果 (ball) の内部の種子表面からは白い綿毛が生じ、 これを繊維として利用するため栽培される。この繊維は綿として利用される。
 ・また、繊維を採取した後の種子から取られた綿実油は、食用油として利用される> 。
 ・油の絞りかすにはポリフェノールのゴシポールが含まれており、有毒であるが、

これは蕾

花が咲き始めた

実がはじけ始めた状態

実がはじけて綿が出てきた状態

撮影:2013.08~09  我が家の庭