ユキモチソウ

(雪餅草)



撮影:2012.04 ご近所



 カンキソウ  No 0566
 サトイモ科
 テンナンショウ属
 ・葉は通常二枚、三小葉または鳥足状に五小葉をつける。花期は4~5月。 仏炎包は質はやや厚く、外面は褐紫色、内面は黄白色、 付属体は白色、棍棒状で先端は著しく膨らむ。名は、この付属体の色や形に基づく。
 ・九州の山地には、よく似たキリシマテンナンショウがあるが、 仏炎包は著しく前屈し、付属体の先端は膨らまないので区別される

撮影:2014  我が家の庭


撮影:2012.05.03 亀山里山公園


撮影:2012.04 ご近所