ユキノシタ

(雪の下)



撮影:2010  我が庭


 No 0163  ユキノシタ科
 ユキノシタ属
 日本原産
 ・湿った半日陰地の岩場などに自生する多年草である。 人家の裏の石垣に栽培されることも多い。
・葉は円形に近く、裏は赤みを帯びる。根本から匍匐枝を出して繁殖する。 開花期は5~7月頃で独特の形の花が咲く。
   ・山間の渓流には近縁種のダイモンジソウがある。 下側2枚の花びらが長い花形を、大の字の形に見立てた名である。
・北海道から屋久島まで分布があるが、各地で変異が多く、多くの変種が報告されている。 また、ジンジソウというのもある。 こちらは、長い花びら2枚の長さの差があるところを人の字に見立てている

撮影:2010  我が庭


撮影:2009.06  我が庭